ダイエットが原因で肉割れはできる?

ダイエットが原因で肉割れはできる?

肉割れは、一般に急激な体重の増加でできるといわれていますが、その逆で体重が減ったことでできるということは基本ありません。

ときどき、「体重が減ったせいでできた」という人はいますが、そのほとんどは成長期や体重が増えたときにできたものが当時気づかず、痩せた今気づいたというものです。

しかし、一つだけ注意したいことがあります。それは、筋トレをやりながらのダイエット。肉割れは筋肉の発達でできることもあります。そのため、筋トレをする際には十分気を付ける必要があります。

肉割れを発生させないダイエットについては、「男性は筋トレのやりすぎに要注意」にまとめているので、もしよければ参考にしてください。

筋トレについては、ダンベルやバーベルを使ったものだけではなく、自重でのスクワットやプッシュアップでも起きやすくなりますので注意してください。

肉割れに乾燥は厳禁ですので、筋トレを行う際にはオイルやクリームで保湿しておくことをおすすめします。

男性の肉割れ画像 【右肩】

 

30代男性からの投稿です。肉割れができてから時間がたったこともあり、薄く目立たなくなっています。

<画像のコメント>

右肩から腕にかけて伸びるように数本の肉離れ線があります。この肉離れですが、おそらく17歳頃にできたものだと思います。実は私がこの肉離れ線に気付いたのはできてからだいぶ後のことです。20代前半に人から指摘されて初めて気付きました。

ただ肉離れ線ができた理由ははっきりしていて、高校生の頃に短期間で急激な体重変化があったのでそれが理由だと思います。一ヶ月間で約10kgのダイエットを2度行ったことによるものだということに間違いありません。

できてから気付くまで約7年、気付いてからもう10年程経ちますが、気付いてから時間が経ちすぎていたせいなのか線の変化は全く無いように感じます。

気付いてからは日課のようにマッサージやニベアクリームを塗るなど行っていますが、今でもはっきりと白い線が残っています。

肩の肉割れは女性にできることはほとんどなく、男性特有の肉割れだといえます。肩関節を覆う三角筋は意外と体積が多く、大胸筋を抜いて上半身で一番大きな筋肉です。ダイエットで筋トレを取り入れるときは同時に保湿もして肉割予防を徹底してください。

男性の肉割れ画像

男性の肉割れ画像

今回は10代のころにできた肉割れの現在の症状を投稿していただいたのでご紹介します。画像は二の腕にできた肉割れです。

<画像のコメント>

できた部位は二の腕、内腿、お腹です。できた時期は16ぐらいから20代前半ぐらいです。できてから10年ぐらいが経ちました。肉割れ線は16歳ぐらいから太ってその頃は少し筋があるかなと思うぐらいでそこまでではなくてケアはしてませんでした。

20代になると更に太り始めて100kgを超えるぐらいになったら、一気に肉割れが酷くなって、お腹の下あたりは3〜4cmぐらいの長さで2〜3mmぐらいの幅がある大きなものが何本も出来てとても痒かったです。

腿は筋肉がある部分は肉割れせずに内腿の付け根部分にありますが余り目立ちません。二の腕に脇にかけてが一番酷くなっていくつもできたのが繋がってしまいました。

痩せてからは痒みや肉割れの進行はなくなりましたが、ケアを一切しなかったので今では白い筋になっています。皮膚伸ばしてみると肉割れしていたのがわかる状態です。

体重が急激に増えてしまったためにできた肉割れですね。ときどき痩せたから肉割れができたという人がいますが、基本的に肉割れは体重の増加で起こります。

痩せたからできたという場合は、太っている間に気づかなかったということが多いと思います。

肉割れにおすすめのクリーム 男性編

肉割れにおすすめのクリーム 男性編

今回は男性におすすめのクリームをいくつかご紹介したいと思います。予防か治療かで少し内容は違いますが、年齢を問わず使えるのでどれにするか迷っている方はぜひ参考にしてください。

まずは、予防としておすすめしたいのがニベア缶。手荒クリームとしてCMなどでも時々出ている青色の丸缶です。これは保湿力が高いので手荒れや肉割れ以外にも乾燥が気になるところに使えます。

肉割れができている範囲にもよりますが、2週間で使い切るくらいが理想です。中缶でも250円、大缶でも500円ほどなのでコスパはいいです。

ニベア缶はスーパーやドラッグストアでも売っているので、簡単に購入できます。インターネットだともっと安く買えますが、送料がかかる場合が多いので注意してください。

次に、今できている肉割れを目立たなくするためのクリームですが、これは保湿以外の有効成分が入っているものをおすすめします。

成分的に一番おすすめなのがプレマームという肉割れ用のクリーム。ルチンや葉酸、プラセンタなど肌のキメを整えてハリを与える成分が入っているのが特徴です。その他、ヒアルロン酸やコラーゲンなど市販の保湿成分より高価なものが多く入っています。

ただ、プレマームはパッケージが女性っぽいので、通販といえども実家暮らしの方などはもしかしたら購入しにくいかもしれません。

パッケージでいえばノコアという肉割れクリームだとシンプルなのでいくらか買いやすいと思います。

あとは、肉割れ用のクリーム全体に言えることですが、ニベア缶より価格が高い。どれも1本6,000~8,000円くらいします。肉割れが目立たなくなるという保証があるなら安い買い物ですが、確実性はないですから考えますよね。

口コミとかは評価が高いですが、今のところ女性のものが多いので微妙です。男性と女性で皮膚の構造が違うわけではないので少しは信用していいのかもしれませんが。。。

価格についてですが、どのメーカーも定期コースにすると初回が安いので時間をかけて治していきたい方はそちらをおすすめします。

ちなみにプレマームの場合は、初回73%OFFで購入できるようになっています。

参照:男性におすすめの肉割れクリームはプレマームとノコア

 

男性の肉割れができやすい場所

男性の肉割れができやすい場所

肉割れは男性と女性で、できやすい場所がちょっと違います。女性は妊娠を経験しますから、圧倒的にお腹にできやすくなります。

それに対して、男性の場合は足や胸、背中など筋肉がつきやすいところにできやすい傾向があります。もちろん、男性でも急に太ってしまってお腹が出た場合、女性のようにお腹に肉割れ線ができやすくなりますが。

筋肉がつきやすい場所のなかでも、パンプアップしやすい胸や二の腕は特に肉割れができやすくなりますので、普段から鏡でチェックしておくことをおすすめします。今肉割れができている場所でも悪化することがあります。

あとは、リンパが集中している太ももや脇の下もできやすい状態にあるので注意が必要です。

もし「今あるものが肉割れかどうかわからない」という方は、インターネットで検索するといろいろと画像が出てきますので一度検索してみてください。

肉割れ以外の症状ということもあるので、その場合はほかの治療法が必要になることもあります。それでもわからない時は一度皮膚科に行ってみてもらうといいでしょう。